大会委員長ご挨拶

ホーム / 大会委員長ご挨拶

小児がんに理解と支援を

「ゴールドリボン」は、世界共通の小児がん支援のシンボルマークです。
私どもは、サブタイトルにもうたってりますように、小児がんと闘っている子供やその家族、そしてそれらの方々をサポートする人達を支援することを目的にこのチャリティーイベントを開催することと致しました。

小児がんとは、一般的に15歳以下で発症するがん(悪性腫瘍)のことをいい、毎年2000人~2500人ほどの子どもたちが、新たに小児がんと診断されています。
小児がんは、1970年代まではほとんど治らない病気でしたが、80年代前半には半分くらいは治る時代になり、現在では生存率が7~8割になっています。
一方で、年間500人近い子どもたちが亡くなるという厳しい現実があり、小児がんは子どもたちの尊い命を奪う病気のトップであることは変わっていません。また、小児がんの発症を抑える手立てもないのが現実です。

小児がんの種類は多種多様です。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、網膜芽細胞腫が主なものですが、白血病、悪性リンパ腫を除き大人では稀なものばかりです。
また、いかに医療が進歩したといっても、治療にともなう子ども(患児)やその家族の肉体的、精神的、経済的負担は大変なものがあります。 その中で、どのようにQOL(※1)を維持・向上させるかという課題があります。さらに、治療後に起こる晩期合併症や、そこからくる長期フォローアップ、自立や就労という課題もあります。

このように、良い治療法の開発はもちろん、患児や経験者、その家族の方々の心理的、社会的、経済的対策、療養環境の整備、緩和ケアの充実等、解決すべき課題が多くあるのが現状です。

私たちはこのような小児がんの現状について一人でも多くの方にご理解いただき、更に、支援の輪を広げたいという思いで、今回福岡で初めてイベントを開催すべく企画しました。
皆様におかれましては、本イベントの趣旨をご理解いただき、より多くの方々に参加の呼びかけを頂き、更にはご協力、ご支援を頂得れば大変ありがたく思います。

どうかよろしくお願いします。

                 ゴールドチャリティーマラソン&ウォーク実行委員会

 委員長 田口 智章

※1:QOL(Quality Of Life)とは、医療・福祉分野において患者の生活の質を向上させ、「患者が充実感・満足感を持って生活を送ることができているか」を評価する概念で用いられる考え方。