大会コンセプト

ホーム / 大会コンセプト

「小児がん」に対する「理解」と「支援」の広がりをめざして


小児がんは、一般に15 歳以下で発症するがん(悪性腫瘍)のことを言います。毎年2,000 人~ 2,500 人位の子ども達が新たに小児がんと診断されています。
小児がんは1970 年代までほとんど治らない病気でしたが、80 年代前半には半分ぐらいは治る時代となり、現在では生存率7 ~ 8 割になっています。
ただ、一方で年間500 人近い子供達が亡くなるという厳しい現実があり、小児がんは子供達の尊い命を奪う病気のトップであることは変わっていません。
また小児がんの発症を抑える手立ても無いのが現実です。
小児がんの種類は多種多様です。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、網膜芽細胞腫が主なものですが、白血病、悪性リンパ腫を除き大人では稀なものばかりです。
また、いかに医療が進歩したといっても、治療に伴う子ども達(患児)やその家族の肉体的、精神的、経済的負担は大変なものがあります。
その中で長期間の入院や治療に対してどのように子ども達を支えるか、どのようにQOL(※) を維持・向上させるかという課題があります。
さらに治療後に起こる晩期合併症や、そこから来る長期フォローアップや自立・就労という課題もあります。
良い治療法の開発はもちろん、患児や経験者、その家族の方々の心理的、社会的、経済的課題解決のための対策、医療環境の整備、緩和ケアの充実等、解決すべき課題が多くあるのが現状です。
このような小児がんの現状について一人でも多くの方々にご理解いただき、更に、支援の輪を拡げていきたいという想いから、2007年より東京では「ゴールドリボンウオーキング」を開催。大阪では2016年に「ゴールドリボンウォーク&ジョイin大阪」を開催いたしました。
そしてこのたび、2018年からは福岡にて「ゴールドリボンチャリティーマラソン&ウォークin福岡」を開催いたします。
※QOL(Quality Of Life):医療・福祉分野において患者の生活の質を向上させ、「 患者が充実感・満足感を持って生活を送ることができているか」を評価する概念で用いられる考え方。